子育て

乳腺炎でおっぱいが痛い!眠れない!泣いて八つ当たりした日

おっぱいを飲む赤ちゃん

初めての子育ては、慣れない授乳との格闘でもありました。

新生児室でおっぱいを飲ませていても、ほかのママは授乳がだんだんとうまくなるのに、どうしても私はうまく息子におっぱいを飲ませることができませんでした。

そのうち、そのうち・・・と励まされながら、息子の顔の角度を少しずらしたり、おっぱいがよく出るものを試したり、いろいろしましたが息子はいつまでたってもうまく飲めません。

授乳がうまくできないと、胸はいつでも張ったまま、そのうちにどんどんと『しこり』ができ始めます。

産婦人科で指導されたように搾乳をするのですが、やっぱり『しこり』はできてしまうのです。

そして、ある日、私は息子を抱っこすることができなくなり、息子を放り投げてしまったのです。

母乳が出ないのは母親の努力不足でしょうか?

赤ちゃんの手を握りしめるママ

おっぱい教室で何度も教えてもらっても、うまく授乳ができない息子は、母乳だけでは足りなくなり、ミルクをプラスする生活になりました。

哺乳瓶でならグビグビとミルクを飲むことができる息子の姿に、

  • おっぱいの飲ませ方が悪いんじゃないのか
  • もっとたくさん食べないからおっぱいが出ないんじゃないの?
  • もち米を使ったものをもっとたくさん食べなさい

姑があれやこれやと口を出し始めます。

しまいには、どうやっておっぱいを飲ませているかまでチェックが入り、私の胸をつかんで息子の口に含ませることまでし始めました。

しかも、この姑の行為は義実家で親族が集まっている中でもしようとします。

赤ん坊のために食べろと、もち米をつかった料理やお菓子を出され、授乳方法まで口出しされる

栄養価の高いものを沢山食べさせられ、息子がなんどもおっぱいを口に含むと、自然に胸がはってパンパンになるものです。

血管が浮き出るほど張ったおっぱいなのに、やっぱり息子はうまく母乳を飲むことができせん。

「よくおっぱいが出そうな胸なのに、出てこないなんて〇〇ちゃんは可哀想だね・・・」って姑の少し嫌味な言葉が聞こえてくるのです。

おっぱいが切れて血が出ても授乳をするのが母の務めですか?

パンパンに張り、痛む胸

息子を抱っこするのも痛くって痛くって泣き出しそうです。

張ったままの胸をそのままにしておくわけにもいかず、ゆっくりと痛みに耐えながら搾乳をしはじめると、吹き出すように母乳がでてきます。

慌てて息子の口に含ませるのですが、そのうちにおっぱいは出てこなくなり、必死に母乳を吸い続けようとする息子の顔だけが真っ赤になってきます。

おっぱいが張る→母乳があふれ出す→息子の口に含ませる→うまく飲めない→母乳がでなくなる→必死に息子が吸い付く→おっぱいが足りない→ミルクを足す

毎日こんなどうしようもない状況でも、少しでも母乳をあげたかった私はそれなりに頑張ってきました。

ところがある日、息子がおっぱいを吸いだした瞬間、おっぱいがむしり取られるような痛みに襲われたのです。

慌てて息子を体から離し、自分の乳頭を見てみると、乳首の皮がむけ切れて出血をしていました。

あまりの痛みに泣きそうになったのですが、運が悪く痛みが出た場所が義実家

涙目になっている私を見ながら、「おっぱいをあげるんだから、母親はそのくらい絶えるものだわ」と姑が言ってくれました。

寒気・高熱・腕があがらなくなってやっと病院へ

授乳が原因で両胸の乳頭に傷ができてしまった私の胸

それでも痛みを我慢しながらおっぱいを飲ませていたのですが、痛みからどうしても授乳の時に私が逃げ腰になるのでしょう

ただでさえ母乳をうまく飲めない息子は、さらにおっぱいをうまく口に含むことができません。

ぱんぱんに膨れ上がった胸は、いつまでたってもしぼんではいきません。

あきらめて、息子にはミルクを飲ませ、胸に残った母乳を搾乳しようとしますが、どんなに頑張ってもポタ、ポタ・・・としか母乳が出なくなってしまったのです。

もともと『しこり』ができやすい私は、ぽたぽたとしかでないおっぱいを必死になって搾乳しました。

でも、悲しいことに胸は搾乳するたびに腫れ、胸のあちらこちらに『しこり』がどんどん出てきます。

そして、とうとう張るだけ張ってしまった胸の痛みのため、腕が上がらなくなってしまいました。

息子をあやすことも抱っこすることもできない痛みに、夜泣きする息子をベビーベッドに放り投げて大泣きしました。

日中も痛みで抱っこができない私は、息子にミルクを飲ませるのも必死、洗濯するのも汗だく状態です。

それでも必死になって搾乳を続けた胸は真っ赤になり、どんどん熱を持ち出してしまったのです。

そして、数日後

何枚も布団をかぶってもガタガタと寒気が止まらず、熱は40度近くまで上がってしまいました。

ここまでひどい状態になって、やっと旦那が産婦人科に私を連れて行ったのです。

乳腺炎の治療後にわかった!私は乳腺炎になりやすいタイプだった

見つめあう母娘

出産でお世話になった産婦人科で、乳腺炎の治療を受けたものの、どうしてもおっぱいの張りが取れない私の胸

「一度、母乳教室を開催している助産師に相談してみたら」と医師に言われ、息子とバスに乗り母乳教室に通いました。

  • いつもどうやっておっぱいを飲ませているか
  • 搾乳方法はどうしているか
  • 毎日の食事はどんなメニューが多いか

いろいろと問診があり、実際に助産師さんの目の前で授乳をしながらの指導を受けるのですが、このときもやっぱり授乳中にどんどんと胸にしこりができます。

助産師さんがあれやこれやと息子がうまくうまくおっぱいを飲めるように位置を微妙に変えてくれても、やっぱり胸にしこりが残ります。

授乳後、胸に残った母乳を絞り出すとき、助産師さんが「こうやってするといいわよ」と教えてくれるのですが、私の胸からはほんの少しだけポタポタと落ちるだけです。

胸はパンパンに張ったまま、しこりの場所はどんどん広がる

それでもうまく搾乳できない私を見て、助産師さんが手を貸してくださるのですが、やっぱりポタポタと落ちるだけ

「もしかしたら乳腺が詰まりやすいタイプかも」と乳頭部分をつまんでマッサージを始めると、まるでニキビの芯みたいな白いものがニョキニョキと出始めるんです。

これがピュッと飛び出た場所からは、ものすごい勢いで母乳が噴き出ます。

母乳が出始めると、胸の張り、しこりもすっと消え痛みも和らいできます。

でも、悲しいことに搾乳してしばらくすると、また胸が張り、しこりができ始め、やがて母乳はポタポタと落ちるだけ

そのたびに、乳頭に詰まった栓を絞り出すのですが、やっぱりすぐに詰まってしまうのです。

結局、どんなにプロの手で搾乳してもらっても、すぐに詰まってしまう私の胸は卒乳するまでおっぱいのトラブルから逃げ出せなかったのです。

トラブルを抱えたオッパイ、母親も赤ん坊も必死です

乳腺がすぐ詰まってしまうおっぱいをどんなに吸い付いても母乳が満足するだけ飲めるわけがありません。

おっぱいがでない母親の胸に必死になって吸うのに出ない、でてくるまで必死に頑張る息子、そして私の乳頭は切れてしまったのです。

夜泣きで眠れない

おっぱいの痛みで眠れない

痛みと睡眠不足が重なると育児から逃げ出したくなり、なんども息子に向かって大声をあげて叫んだこともあります。

自分が母親としてダメな人間なのかと鬱々した日もまりました。

乳腺が細くって詰まりやすいタイプとわかったことで、おっぱい指導のプロから対処方法を教えてもらいましたが、どうしても詰まってしまいます。

母親なら痛みを我慢して当然ではありません。

もしも、あなたが「おっぱいの痛み」に悩みながら授乳をしているのなら

どうやって痛みをケアするのか、痛めないようにするかを知っておくことは子育てで追い詰められないためにも必要なことですよ。